オルツカンファレンス2024
ZEROの衝撃 ~AIと人。変革か隷属か。~
オルツカンファレンス2024 ZEROの衝撃 〜AIと人。変革か隷属か。~
「オルツカンファレンス2024 ZEROの衝撃 〜AIと人。変革か隷属か。~」 竹中平蔵氏の登壇が決定!
市川紗椰氏、デロイト トーマツ、エヌビディアなどの豪華ゲストが登壇決定_「オルツカンファレンス2024 ZEROの衝撃 〜AIと人。変革か隷属か。~」
オルツは自由の価値を向上させるテクノロジー、P.A.I.(パーソナル人工知能)を世界に普及させる国内屈指のAIテクノロジースタートアップです。
個人の意識を反映したP.A.I.によって労役をなくし創造的な仕事にのみ集中できる世界の実現と、私たちの存在を永久にすることをミッションに掲げています。
 

ZEROの衝撃
~AIと人。変革か隷属か。~

本イベントは、「ZEROの衝撃 〜AIと人。変革か隷属か。~」と題し、
人類の価値そのものについての見直しを行う局面における技術とはどうあるべきか、
経済はどうなるべきかの議論を行います。
 
生成AIの誕生によって、人類とテクノロジーは新たな時代に突入しました。
 
人間のコミュニケーションをコンピューターが理解したことによって、人間とAIの役割交代が急速に進み、
労働環境の改善という従来のDXのテーマは過去のものとなり、新たにAI・ロボティクスが介入することを前提にした労働環境が誕生しようとしています。
 
加えて、多くの企業・組織は、コスト削減とインフラの安定化を求めており、AI・ロボティクスを組み込んだ自走的なシステムの構築を切望しています。
人間が中心になっていたこれまでの世界とはまったく異なる、AI・ロボティクスがベースとなる新たな労働環境を、オルツは「ゼロの環境」と表現します。
 
この「ゼロの環境」の衝撃に、人類はどのように適応・生存可能なのか、そして、どう収益を得て、実存とのバランスを取るのか、
また、ルールを策定すべきなのかという論点が、本イベントのメインテーマです。
 
当日は、先端AI研究者やテクノロジー事業の創出を行う変革者の登壇をはじめ、
最新のLLM技術を用いた汎用パーソナルエージェント「alt Personal Agent」や「クローンマッチング」の発表など、
これからの未来を知るために欠かせない体験を提供します。
 
人類、日本、経済、ビジネスは、生成AIという破壊的なテクノロジーによって今後どのように変化していくのかを議論する白熱した一日を、
一時代の当事者としてぜひご覧ください。
 
 
 

【 開催詳細 】

開催日:

3月28日 (木)  15:00~18:30
18:30閉会後に懇親会を予定しております。ぜひご参加ください。
概要: オルツカンファレンス2024 ZEROの衝撃 〜AIと人。変革か隷属か。~
費用: 無料
場所:
ベルサール東京日本橋
103-6005
東京都中央区日本橋2丁目7−1 B2・4F・5F 東京日本橋タワー
ご来場に際して:
・開場は14:30となります。
・開始前は受付で混雑が予想されるため、20分前にはお越しください。

【 タイムテーブル】

15:00~15:00

  オープニング
15:05~15:35 alt_米倉_2

株式会社オルツ
CEO
米倉千貴

ゼロインパクト(人の要らない世界)
当社オルツの紹介や、本カンファレンスのテーマなどを含めご説明させていただき、デモをご覧いただきます。

15:35~15:50


CSO 西村 祥一-1    

株式会社オルツ
CTO
西村祥一

GenAI to PAI
"GenAI" の次に来るものとは、オルツの考える未来を技術目線で考察します。 Responsive な GenAI から Autonomous な GenAI へ、また General から Personalized へ一直線に続く未来の地平を語ります。

15:50~16:05
alt_日置_2


株式会社オルツ
CFO
日置友輔

AIと裁く”人的資本経営”
AIに追いやられる人材と、価値を創造し続ける人材。
30年後、100年後の世界を想像した時、本質的な”人的資本経営(人材の価値を最大限に引き出す)”とはどういうことか。
蔓延る誤認識をAIと裁き見ることで、社会、企業及び個々人が目指すべき正しい方向性を探ります。

16:00~ 16:25 logo_alt パネルディスカッション
生成AIの次

オルツCTO 西村祥一 × 東北大学教授 乾健太郎氏 × 株式会社数理先端技術研究所 生島 高裕氏
16:25~16:40
Komura Junki 小村淳己 (1)-1

 

株式会社オルツ
AI/DXコンサルタント プリンシパル 兼 事業開発マネジャー
小村 淳己

日本のDXの病と治療
「デジタルクローンが労働生産を生み、人を伴走支援。人は独自価値を高める。」
2025年の崖が迫る中、オルツでは、従来の対処療法的でなく、原因療法になるAI/DXソリューションを提供可能です。本プログラムではオルツ独自の調査結果も含め、ソリューションの一例をデモを交えご紹介します。

 

 

16:40~16:55

株式会社オルツ  浅井(プロフィール写真)

株式会社オルツ
AI Solutions事業部 部長
浅井 勝也

クローンビジネスのはじまり
AIの戦略的導入は企業に大きなビジネス付加価値をもたらします。最適なAI戦略は効率性の向上、意思決定の迅速化、顧客体験の向上など、様々な側面でベネフィットをもたらし、組織全体の成長と競争力を高めるための重要な要素です。オルツではクライアントビジネスの競争力の強化や新たなビジネスモデルの発見、市場のニーズに合った製品やサービスの提供など、革新的な取り組みを実現しています。実際の取組事例と共にご紹介いたします。

 

 

17:10~17:30

logo_alt


パネルディスカッション
オルツを1兆円AI企業にするために
(GAFAMを産めない日本の具体的対策法)

オルツCFO日置友輔 × 特別ゲスト × 慶應義塾大学名誉教授 竹中 平蔵氏

17:30~17:45

231227_094

 

株式会社オルツ
AI M&A Managing Director
井上 正貴

ークローンM&AーM&A市場のペインを終わらせる
中小企業の後継者不在・黒字廃業問題が喫緊の国家課題として定義される昨今、M&A仲介業界は活況を極めます。
20兆円産業として株式市場からも注目を集めますが、その実、極めて労働集約的であり、M&Aを必要とする多くの中小企業に行き届いていません。
この度オルツが開発した「クローンM&A」は、この社会課題を根本解決に導きます。
中小企業の未来を照らすオルツの最先端技術を、デモを交えながらご紹介します。

 

 


17:45~18:00


logo_alt
株式会社オルツ
AI SaaS事業部 AE マネージャー
保坂 文哉

AIを活用した次世代Sales Model
ーSalesforce的SaaSビジネスの終焉ー

AIを活用した次世代営業のデファクトスタンダードを紹介します。
今後労働人口が減少する日本において、AIと伴走して、いかに労働力を圧縮し、経営・計画の起点となる営業力を確保するか。そして優秀なトップセールスのノウハウを水平展開するか。オルツからの答えを紹介します。

 

 

18:00~18:20

logo_alt

 

パネルディスカッション
ーNextブロックチェーンー理想主義から現実主義への移行

CTO西村×特別ゲスト

18:20~18:35
logo_alt


株式会社オルツ
R&D部 AIリードエンジニア
人見 雄太

AIの世界を静かに変える人々
『AIの世界を静かに変える人々』では、ビッグテックが支配するLLMモデル開発の環境の中で、基盤モデルとのうまい付き合い方を見いだし、基盤モデルの応用や周辺技術の開発を模索している企業を紹介します。彼らの戦略的な取り組みと技術的なアプローチを通じて、AI分野における新たな動きを探ります。

18:35~18:40   閉会のご挨拶